ハウスクリーニングを開業したいならフランチャイズがベスト

独立までにすべきこと

ドクター

労働環境の改善や家族とすごす時間の確保など、様々な理由で開業医を目指す人たちがいます。開業医になる以上、医者として、経営者としてやるべきことはたくさんあります。物件の選定・銀行への融資申請・会計士や弁護士選び・役所への届け出など、半年から一年程の期間が必要になるでしょう。

理想のために

バリスタ

カフェを開業するにも、重要となるポイントは経営方針をしっかり考えておくことです。また資金調達を行ったり、カフェの専門スクールで知識を学ぶことも大切です。経営についてはセミナーで学ぶことができます。

低資金で独立開業を目指す

作業員

チェーン加盟で優位に立つ

近年、独立開業を目指す多くの人から注目を集めている業種に、ハウスクリーニングがあります。ハウスクリーニングは簡単に言えば掃除代行業ですが、共働き世帯や高齢者世帯の増加によって、ニーズは年々増加しています。また、フランチャイズ制度を利用することで低リスクでの開業も可能です。ハウスクリーニングが注目を集めている理由は、需要の増加以外にもう1つあります。それは、他の業態に比べて開業資金が少なくて済むことです。店舗系のビジネスだと開業時に数百万円、時には1千万円を超える初期費用が必要となりますが、ハウスクリーニングの場合、自宅を事務所代わりにすれば店舗は一切不要です。自家用車を営業車に転用できるなら、百万円以下の資金で開業することも可能です。さらに、フランチャイズに加盟すれば開業準備に係るさまざまなサポートが受けられます。ハウスクリーニング業界で働いた経験のない人が開業を目指す場合、まず必要となるのはプロフェッショナルな清掃テクニックを身につけることです。フランチャイズであれば、加盟と同時に本部のトレーニングプログラムに参加できるため、短期間で技術を習得することができます。また、開業に際して非常に重要になるのが、マーケティングです。ハウスクリーニングはサービス内容だけで差別化を図るのは難しいため、地域ごとのニーズやライバルなどの動向をしっかり把握して営業活動を行う必要があります。この点においても、豊富なデータを有するフランチャイズチェーンに参加することは大きなメリットとなります。