ハウスクリーニングを開業したいならフランチャイズがベスト

独立までにすべきこと

ドクター

ビジョンを明確に持つ

医師は勤務時間がまちまちで拘束時間も長く、休日出勤も多いため、家族と一緒に過ごす時間がなかなか取れないというのはよくある話です。大学病院では人事制度に大きな権力を持つ医局制度もありますが、これによって人間関係や労働環境が悪化しているというのも珍しい話ではありません。こうした煩わしさから脱却できる方法として、開業医という選択肢があります。開業医となれば経営はもちろん、スタッフ選び、使用する薬剤や機器の選定、開業する場所を選ぶことが可能です。実際に開業医を始めるためにはまず、物件の申込みや治療に使う機器選びなどから始めることになるでしょう。もちろん銀行からの融資をうけて開業するケースが大半を占めていますが、1500万円〜2500万円程度の資金を自分で用意しておいたほうがベターでしょう。開業医として仕事をするのであれば、保健所を始めとした役所への届け出や諸々の申請をする必要もあります。なお、その土地で長く仕事をしたいと考えるのであれば、町内会や近隣への挨拶まわりも必須といえるポイントです。病院というのは誰もが利用する施設ではありますが、広告やホームページ制作、SNSの活用によって、信頼や安心感をアピールするのも大事なことです。医師としての側面だけでなく、経営者として病院を牽引していくという自覚を持つことも求められるようになります。しかしながら経営面については経営コンサルタントや医師会を介して同業者と相談するといった方法もあるでしょう。